MAMESHIBA DIARY

Every hundred feet the world changes

【ご報告】本日、無事退院しました。

https://images.unsplash.com/photo-1457536638401-cfb1132f5a36?ixlib=rb-1.2.1&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=2070&q=80

こんにちは! かほです!

こんにちは! かほです! 毎年年始に、「今年やりたい100のこと」を決めてる私が、ひとつずつ達成して、報告していきます。

065.
今抱えている体の問題を
解決(手術)する
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2022年にやりたい100のこと
100 things what I want to do in 2022
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2022.04.19
 
 
 
 
傷のある私もかっこいいでしょ?

傷のある私もかっこいいでしょ?


 

18日に入院してから6日間、本日退院して来ました。

コメント頂いていた皆様、ありがとうございました。 個別にお返事できず申し訳ないですが、かほは今日もこうして元気にしております!!!

 

 

我ながら、どこにいても環境適応能力だけは人一倍すごいので今回の入院も初日からばっちり適応してました。 「内視鏡手術だから楽だよ~」と聞いていたのですが、結局目立たない部分を若干だけ切ったみたいで。 開腹手術に比べると楽なのかもしれないけれど、想像を遥かに超える術後のあれこれ。(私が手術というものを舐めすぎていた)  術後2日くらいは痛み止めやら吐き気止めの点滴やらを打ったり、高熱と床擦れ、手術のストレスと浅い眠りによる寝不足やらでずっとふらふらし続けていて、正直あまり覚えていないです。 けどとにかく経験したことないレベルでしんどかったような気がする。 ほんの数日前のことなのに、なんだか長く苦しい夢を見ていたような気分です。

お医者様や看護師さん、手術中待機してくれていた母から聞く手術の話が自分の身に起こったこととは思えず、まるで他人事のようです。 当初想定していたよりも多く出血があったみたいで、輸血とか受けたんでしょうか。自己血でカバーできたのかな。 そこをちゃんと聞くの忘れちゃったな。

 

術後3日目にはなんとか歩けるようになったものの、天気の悪さと相変わらずの寝不足で1日ベッドでぐったり。 おまけに、手術の時の姿勢の影響からか全身バキバキ、痛すぎて腕も肩もあばら周辺も動かせない。 こんな状態でも、入院が長引けば回復が遅くなる、若いんだから大丈夫!と、術後4日目の今日退院してきました。 なんとか、ひとりでも歩いて最低限のことができるようには復活(*'ω'*) 数日前まで寝返りも打てなかったはずなのに、人間の回復力ってやっぱりすごい。 けど20代後半でもこんなに体力的にも精神的にもきついのだから、高齢の方は相当しんどいだろうな…と身をもって知った。

最終日の夜はなんだかそわそわして眠れず、看護師さんにばれないように暗闇で携帯を触って、巡回にきたら急いで寝たふり…なんて修学旅行の学生みたいなことを久しぶりにしました。(笑) せっかくだから病院内をこっそり探検してやろうかとも思ったんですがそこまで悪さをする勇気は出なかったですヘタレ(._.)

 

 

▼病室から見える景色(ブレてるのが味があって個人的には好き。)

 

コロナ禍の入院生活

コロナ禍の入院生活


 

今回入ったのは4人部屋。 コロナの影響もあり同室の方との挨拶や交流は一切なく、終日カーテンは閉めっぱなし。 それでもカーテン越しにお医者さんや看護師さんとの話を聞いていると、なんとなくの人物像と病状は伺えるもので。

 

お隣さんは70代の女性で、肺が調子悪いのか少しの活動で息がハァハァと上がり、夜中にはひどい咳で全く眠れていない様子。 お向かいさんも、70代の女性で同じく肺に影があるので早めにとってしまおうという手術。 斜めお向かいさんは50代女性で、私と同じ婦人科系の手術だったみたい。 4人中3人は1日違いで手術をしていたようで、自分もしんどい中片耳で様子を聞いていて、あぁしんどそうだなぁと勝手につらさを共有してしまった。 

私は一足お先に退院することになり、お医者さんや看護師さんが退院前の挨拶や診察、退院後の説明やらでたくさん病床まで来てくれたのですが、その声を聞きつけてかこれまで交流がなかった同室の方たちも最後にそれぞれ個別に挨拶に来てくれました。

皆さん、週明けや連休明けには退院できるみたいでお互い「お大事に」「無理せず頑張ってね」「ゆっくりしてね」と声を掛け合って、退院してきました。 私が聞き耳を立てていたのと同じように、同じ部屋の方たちもそれぞれ心の中で辛さ共有していたみたいで(笑) あぁ、なんかやっぱり人の繋がりはいいなぁと思った。 もう会うことはないだろうけれど、他の方たちも無事退院できるといいな。

 

▼ちゃんと無音カメラで撮ってますよ(*'ω'*)


 

 

今後はもうしばらく仕事はお休み頂いて、ゆっくり近隣の散歩から体を慣らしていきます。 せっかくだからカメラを持ってのんびり散歩でもしよう。 相変わらず動くと傷は痛むけれど、こればっかりは動かなしゃーない。(._.) お腹に力が入れられないおかげで腹筋は全滅した気がするけど、お医者さんOKが出たら腹筋バキバキにしたい。 あと、久しぶりに黒髪の重めカットにしたいし、入院生活で肌がガサガサになっちゃったのでフェイシャルエステに行きたい。

 

 

完全復活にはまだ少し時間を要しますが、自分にできる精一杯の形で間接的にでもいろんな人にお返ししていきたいです。

お腹に数か所傷が出来ました。それも、なんか我ながらかっこいいなと。 経験値のひとつというか、アイデンティティだな。 この傷も自分の一部として大切にしてあげようと思います。#日韓夫婦 #日韓カップル #国際結婚 #韓国人彼氏 #韓国人夫 #年上旦那 #ワーホリ #ワーキングホリデー #オーストラリア #シドニー #ワーホリカップル #韓国語 #英語 #大阪 #ソウル #日本在住日韓夫婦 #韓国在住日韓夫婦 #苗字 #日韓夫婦離婚率 #日韓夫婦ブログ #日韓カップルブログ #日韓夫婦あるある#配偶者ビザ #パートナービザ #国籍 #日本在住 #関西在住 #インテリア #おうちカフェ #カフェ巡り

かほ(No.97/100)

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ にほんブログ村 旅行ブログへ