MAMESHIBA DIARY

Every hundred feet the world changes

念願のNIPPONIAに宿泊してきました!

こんにちは! かほです!

サービスも施設もお食事も
とにかく最高の素敵空間でした!

NIPPONIA 出雲平田 木綿街道


 

11月中頃、各諸々の記念日旅行として出雲方面にドライブ旅行に行ってきました!

その際に念願のNIPPONIAさん系列のお宿に初めて宿泊! いやぁ、本当に本当に素敵なお宿で、これは是非とも今後もNIPPONIA系列を巡る旅をしたいと思いました(。-`ω-)

 

 

 

 

 

 

お宿までの道中、突然昔の街並みが現れて
到着前から期待値爆上がりです

基本情報


 

 

 

INFORMATION
NIPPONIA 出雲平田 木綿街道
 
  住所  :島根県出雲市平田町新町831-1
  電話番号:0853-31-9202
  C/IN    :15:00〜17:30
  C/OUT :07:00〜10:00
  駐車場 :1室予約につき1台分確保あり
  サイト :https://nipponiaizumo.jp/hirata/
  楽天予約:https://a.r10.to/h6deC3
 

 

 

 

木綿街道の昔懐かしい街並みに
突然現れるかっこいい外観

外構


 

車を走らせながらどこだろう??ときょろきょろしていると突如このかっこいい外観が見えます。 17時頃に到着したのですが、夕食の準備が始まっていて、車に乗っていても分かるいい香りが外まで漂ってきました。

事前に駐車場の位置を確認していなくて、確認するとスタッフさんが教えてくれました。 駐車場はお宿を少し超えて大きい道を渡たところにあり、お宿からは歩いて4分程で到着できる距離にありました!

外観から好みすぎて写真撮りまくり。 ちなみに、明るい時間帯に撮った写真もあるんですが、夜の雰囲気が好きすぎるので今回紹介する写真は夜で統一します(`・ω・´)

 

 

昔ながらの酒屋さんの雰囲気が残っていて
温かみと同時に重厚感のある空間が広がる

共有スペース・フロント


 

 

まず入ると正面にこの酒樽がお出迎えしてくれます。 うっすらと「S42.12.26検」という文字が見れますね。 当時使われていたものでしょうか。 お花の前に置かれている正方形のものは、近くにある吾郷屋さんの商品でカタカナやひらがな、アルファベットや数字などが1文字ずつ販売されていて、これを飾られていました。

 

入ってすぐ右手側には4名掛けのテーブルが3卓並んだ場所があり、ここでお食事やチェックインをしてくれました。 なんというか・・・かっこいい。

左手側にはオープンキッチンがあり、絶賛お食事準備中の様子だったので撮影なし。 雰囲気だけでも伝われ~!と思ってお花を撮影したら女性スタッフさんを盗撮したみたいになってしまいました・・・汗

 

 

フロントはお食事スペースと厨房の奥に。 だけどチェックインの時もチェックアウトの時も、私たちはここは使わなかったのであんまり普段からスタッフさん立っていないのかな?? こちらにも酒蔵だった当時の名残がありますね! 「大正十五年」の文字、歴史を感じます。 フロントの格子ドア奥に2部屋あるみたいです。

フロントにもお花が・・・ 館内至る所にあって本当に素敵。 こういう暮らしを、私はしたい!(突然の宣言)

 

その奥にはなんと、日本酒吞み放題スペースが! お食事に合わせてはもちろん、お部屋に持ち帰って飲むこともできます。 16種類程用意されていて、常温の物から冷酒までたくさん! ウォーターサーバーもあるので、吞みすぎはほどほどに! お水もとっていきましょうね。 ちなみに、22時以降は撤収されてしまいますので夜も吞みたい場合は数杯注いでお部屋の冷蔵庫に入れておきましょう(`・ω・´)

楽しそうに選ぶ豆柴くん。 結局二人で何杯吞んだのかなぁ? 正確には覚えてないけど、私は次の日も運転が待っていたので、ヘパリーゼは吞んだ上で、お酒はほどほどに楽しみました!

 

ちなみにこの日本酒スペースと厨房の間にある通路の突き当りにあるのが今回私たちが泊まったお部屋です! その右手側にも別のお部屋があります。

そして日本酒スペースから見た入口側がこう。 結構広いんです!

明るい時間帯だとこう。 ぐんと雰囲気変わります。

 

フロントのちょうど真裏に位置する場所にはフリースペースが。 ここにも入口と同様に吾郷屋さんの商品と、お花がありますね。 ・・・素敵。 この突き当り奥、左に曲がったところにに2部屋ありました。

 

 

今回は6室あるお部屋の内、
1番大きなお部屋に宿泊しました

個室 道具廻


 

豆柴くんがちらり。 お部屋は1階部分とロフト部分に分かれていて、1階部分にはベッド2台と、ソファベッド、ロフト部分にもベッドが2台あって、最大5名まで泊まれるお部屋です。 なぜこのお部屋にしたかと言うと、他のお部屋が予約でいっぱいだったからです。

 

何もかもがかっこいいです。 もううまく表現も出来ません。

 

予約サイトで見ていた薪ストーブがありました! が、今回は特に寒くなかったので使いませんでした。(笑)

 

 

ちなみに明るい時間帯だとこんな感じ。 高い位置にある窓からの光が気持ちいい。 あまりにもたびたび豆柴くんが写り込んでくるの、いちいち顔消すの面倒なのよ。

 

ロフトの上はこんな感じでベッド2台でいっぱいな感じです。 私は高いところ苦手なので・・・ちょっと寝るのは無理そうです。 結構高い。

 

洗面手洗い。 この左手側にはトイレ、右手側には洗面脱衣室があります。 黒の塗り壁かっこいい。

 

洗面室も同じく黒でかっこいい空間。 私、建築関係のお仕事をしていて洗面化粧台をよく造作するので、このベッセルタイプ×木製カウンターも事例で見かけるのですが、実際豆柴君が使ってみると案の定カウンターびしょびしょのまま放置するタイプっぽかったので我が家での採用はなしということで内心決定致しました。(笑)

アメニティもしっかりばっちりでした。 ちなみに歯ブラシが竹製でなんか面白かったです(`・ω・´)

 

 

お風呂はユニットに壁が板張り。 足も伸ばせる広々とした浴槽でした! 館内に温泉施設はありませんが、近くには温泉があります。

トイレも黒×木でかっこいい。 撮ろうとするたびに自動で蓋オープンしちゃうので苦労しました。(笑)

 

 

新鮮なお肉やお魚、野菜が
ふんだんに使われた優しいお食事

食事・メニュー


 

 

夕食。 お刺身があまりにも新鮮でぶりんぶりんで感動しちゃった。 添えられているお醤油は、近くにある岡茂一郎商店さんのさしみ醤油で、あまりに美味しかったので帰りにお土産で購入してしまいました。 夕飯は、先ほど載せた日本酒吞み放題のところから好きにお酒を取りながら楽しんだんですが、どれを吞んでも、何を食べても、とにかく合う! 締めの雑炊、私はお茶碗1杯でってお願いしたんだけど、豆柴くんは大盛お茶碗2杯で!と頼んでいて、そんなに食べるのか!?って思ったけど料理人さんいっぱい食べてくれて喜んでた。(笑) だったらよかった(*'ω'*)

 

 

クリームチーズと十六島海苔の茶碗蒸しが感動的に美味しすぎておうちで再現したいなと思うんだけど、あんな優しいお味はきっと優しい方にしか作れない。 あとは島根県産の板わかめ。これも衝撃的に美味しくて、こちらも岡茂一郎商店さんのとろみのあるさしみ醤油と一緒に食べるんだけどとにかく美味しすぎた。 こんなにシンプルなお食事なのにこんなに満足度高いなんて、やっぱり朝食付きプランにしてよかったよ。

 

 

まとめ

まとめ


 

念願のお宿、やっぱり期待値の500%増で満足度最高でした! それと同時に、ホテルや観光業のお仕事に戻りたくなったけれど、私は次の道に進んだから。 私はここで得た知識や経験をしっかり活かしていかないと。 この1泊2日の旅行に相当なお金を使ったので、しばらくは贅沢を控えて質素で丁寧な暮らしをしましょう。

#日韓夫婦 #日韓カップル #国際結婚 #韓国人彼氏 #韓国人夫 #年上旦那 #ワーホリ #ワーキングホリデー #オーストラリア #シドニー #ワーホリカップル #韓国語 #英語 #大阪 #ソウル #日本在住日韓夫婦 #韓国在住日韓夫婦 #苗字 #日韓夫婦離婚率 #日韓夫婦ブログ #日韓カップルブログ #日韓夫婦あるある#配偶者ビザ #パートナービザ #国籍 #日本在住 #関西在住 #インテリア #おうちカフェ #カフェ巡り

かほ(No.008)

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ にほんブログ村 旅行ブログへ