MAMESHIBA DIARY

Every hundred feet the world changes

自分が変われば世界が変わる

 https://images.unsplash.com/photo-1533406494543-e6cf6430f44a?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=2550&q=80

 

こんにちは! かほです!

 

突然ですが、今日は私の大好きなお友達のお話をします。

 

彼女とは、専門学校の入試で出会いました。 今から約8年前です。 とっても面白い子で入学してからもクラスこそ違うものの親交はありました。 卒業して、それぞれ別のところに就職してもSNSで見かけるので、結婚したこと、結婚式をしたことなんかもずっと見守ってきていました。

卒業後は長らくやり取りがなかったのですが、彼女がオーストラリアでのワーホリに感心があるとのことだったので、私のつたない経験談や手続きや準備のいろいろをアドバイスしながら最近では割と頻繁に連絡を取るようになっていました。

彼女の旦那さんは私の旦那氏とも同い年で、同じ子なし夫婦、夫婦そろって海外に飛びたい欲があるなど、会ったことこそないですが旦那さんに対してや夫婦の形について共感していました。 いろんなアドバイスも経て無事にオーストラリアでの生活を始めてからもInstagramで夫婦二人やお友達と楽しんでいる様子を見ては微笑ましく思っていました。 長く付き合っていけたらいいなと思えるお友達夫婦です。

 

先日、Instagramを見ているとたまたまおすすめに友達の旦那さんが表示されました。 「あ、この人あの子の旦那さんやん!」と思ってページに飛びました。

すると、トップページに「LGBTQ FTM」「トランスジェンダー」と書いているのが目に入りました。 突然のことであまり理解が出来ないまま、設定されているnoteのURLをクリックすると、3つの記事が更新されていました。

 

note.com

note.com

note.com

 

 

以下、少し彼の投稿を抜粋してみようと思います。

簡単に、僕はFTM(♀→♂)です。 LGBTQでいうとTのトランスジェンダーです。

 

ここでは僕も含めて 性別のことで悩んでる人に一人で抱え込まず 色んな人や物に頼って、自分の生きやすい道を見つけていけるような場や 同じ思いの人達と繋がれたら良いなと思ってnoteを始めました。

何より楽しく生きていきたい

シンプルにそんな思いがあります。

 

カミングアウトとはそんな簡単に出来ることではないと思っていて。 リスクがあるし、今まで当たり前だった生活が変わるかもしれないからです。

それに元々はカミングアウトをしたくないタイプでした。

完全なる男として存在していたいと思っていたので 男同士のアホな会話に本当の姿を知られていては、邪魔になると思っていたし、男として周りから見られていたいというのが強くあった。

なので改めてカミングアウトしようと思える日がくるとは思わなかったです。

 

今後記事もどんどん増えていくと思うので、よかったら私の投稿ではなく是非本人の生の声を見て頂きたいです。 なので今回本人からの許可を頂いて少しでも多くの人に紹介したいと思いました。

記事中には、彼が実際にLGBTQであるとカミングアウトした時の映像が投稿されていました。 もちろん、14分しっかり見させて頂きました。

 

 

彼の投稿と動画を全て見終えた時、私はひとつ思ったことがありました。

私は彼にはまだ会ったことはありません。 お友達から話を聞いていて、Instagramの投稿で写真を見ていて、一方的に知っているに過ぎないです。 そして彼の記事内にもある通り、これまでLGBTQについて彼も彼女も言及したことはありませんでした。 ましてや会ったことがない私は知る由もありませんでした。 

だからこそ、彼に対してではなく奥さんであるお友達に対して思ったことです。

 

「知らないがゆえに傷付けることを言ってしまってないか。」

それだけでした。

 

「将来子供産もうかなとか思ってる?」っていう何の気なしに言った言葉でももしかしたら相手を知らず知らずのうちに傷付けていたらどうしようと。 読んでから率直に思ったことも踏まえて、もし私の発言で何か悲しい思いをさせていたら謝らせてほしいと伝えましたが、そんなこと今までひとつもないかったよと言ってくれました。

 

 

 

ここで、私自身のLGBTQに対する率直な意見を話しますね。

 

誤解を恐れずに言うと、正直私はLGBTQに対しては良くも悪くも何も思わないです。 宇宙の一部に地球が存在するように、人が出逢って結婚して新しい命を授かるのと同じように、LGBTQという存在は世の中のほんの一部であり、それを含めた全てが奇跡であり、特別なことではあるけれど結局はごく自然なことだと思っています。 宇宙に地球が存在している事、その中の一部に日本が合って、そこで今この時代で生活できている事・・・本当は特別なことのはずなのに、今更誰も取り上げて特別視はしないでしょう。 私にとってはそれと同じ感覚です。

確かに、LGBTQの考え方はまだまだ万人が受け入れられるものではないでしょう。 同じ様な扱いをしてしまうのもおこがましいですが、日本人が韓国人と結婚する事も、日本人の全てが良しと思わないように、一定数そういう人がいるのは確かなのです。 私もこれまでSNSで誹謗中傷されたことは何度かあります。 心無い人がこの世の中にはいるんです。

話がそれてしまいましたが、LGBTQであることは外れ者という認識は私にとってはないのです。 逆に、LGBTQだからと言って特別視したり、それこそ特別扱いもする必要はないと思っています。 

 

じゃあ、もし長く共に過ごしてきた友達がもしもカミングアウトしてきたら? それはきっと驚くでしょうね。 それはある程度自然のことだと思います。 けど、そのリアクションもわざわざ隠す必要はないんじゃないかなと。 相手がどうあったとしても、その人が素敵な人だからこそ一緒に居るという事実はこの先も変わらないと思うから。 とにかくこれからも面白可笑しく馬鹿なことして楽しく過ごしたいよねっていう思いです。

実際、これまで数回カミングアウトを受けたこともあります。 でも、これと言って私の中での印象や対応は変わらないですね。 そもそも、まず一番失礼なことなのは「私、気持ちは女性だけど女性が好き」っていうことを伝えられたとして、気まずいとか狙われるとか思ってるやつ。 いや、別にお前のことが好きだからカミングアウトしたんとちゃうやろ?って。 狙われたらどうしよう~とか言ってるやつ。 人の個性を馬鹿にするようなお前のことはたとえ同性愛者だとしてもお前みたいな人間性腐ってるやつは好きにならんよ、同性でも異性でも。 はい、お疲れ。って思います。 ただ、こういうやつもいると思うんですよね、一定数。 

余談ですけど、「旦那さん韓国人なん!? いいなぁ、私も韓国人と結婚したい!」って言ってくる奴もいるんですよね。 一言言わせてもらうと、私は旦那氏が韓国人だから結婚したわけじゃない。 ただ好きになった人が韓国人っていう肩書を持ってただけ。 国際結婚している人の中では欧米人やアメリカ人と結婚した私は勝ち組、アフリカ系・イスラム系・アジア系と結婚? 黒人?ムスリム?国民性?ウケるwwwって人も実際いる。 いや、あんたは一体人間の何に優劣つけてんの?って。 結局はこういうのって、LGBTQに限った考え方じゃなく、そもそものその人の人間性。

 

 

あとは、私が子供の頃からすごい嫌な言葉。

「女の子なんやから〇〇しなさい!」「男の子なんやから泣くな!」

嫌いでしたね~、この言葉。 私は小さい頃から言葉遣いも悪くて、ちょっと怒りっぽくて、勉強も嫌いで、ゲラゲラ爆笑する。 けどイメージする女の子って、ノートが綺麗で勉強が出来て本を読んでて綺麗な言葉づかいでニコニコしてておしとやか? あげだしたらいろいろあるけど、なんせまぁ私はかわいらしい女の子像ではなかった、全く。 私の親も昔は「女の子なんやからそんなんやったらあかん!」なんて言っていたけど、ある時私が「その女の子なんやからっていう言い方が嫌い」「女の子やからっていうのは、それをやったらあかん理由にはならへん」「それで決めつけるのが納得いかへん」と思いっきり怒ると、親はそれ以来その「女の子なんやから」という言葉は使わなくなった。

今となっては、女性として最低限の立ち居振る舞いを教えてくれようとしていたのはすごく理解できるけど。

 

 

 

ここでお友達の話に戻しますね。

彼は動画の中でLGBTQの当事者だからこそ叶えたい夢があると語っていました。 そして私のお友達である奥さんも、LGBTQの旦那さんを持つ奥さん側の当事者として応援したい、叶えたい夢があると。

 

それがとってもとっても素敵だなと思った。 自分のアイデンティティーを受け入れて、それがあってこその目標を見付けることだったり、相手のアイデンティティーを受け入れて自分にできることを見付けて支えようとする姿。 それは友達としてそんなふたりを応援したいと思った。 私に何ができるかは分からないけど、少しでも彼らの想いが伝わるように今日書きたいと思いました。

 

 

いっぱい話したいことはあるんだけど、文字数もすごいことになってきたので今日はこの辺で。

 

 

 要は、愛って素敵だ!!!!!!

 

 

 かほ