MAMESHIBA DIARY

Every hundred feet the world changes

セプテンバーさん

f:id:jandk1027:20200901213234j:plain

 

こんにちは! かほです!

 

9月になりましたね! 個人的に9月は大好きです(*'ω'*) 

で、9月と言えば私が真っ先に思い浮かぶのが・・・

 

RADWIMPSの「セプテンバーさん!」

RADファンの中でも好きな人は多いんじゃないでしょうか??

 

2006年発売のアルバム「RADWIMPS 3 ~無人島に持って行き忘れた一枚~」の中の一曲です。

私は本当にこの曲が大好きなんです・・・! 

高校生の頃はI pod(時代が出てる)の中にRADのアルバムを全曲入れていたんですが、

毎日40分自転車で通学しながら本当に毎日聞き続けた曲です。

あれから10年以上経った今も9月になれば思い出したように再生します。

 

 

洋次郎さんの作る歌は、言葉の一つ一つがきれいです。 

そして大人になってから聞き返すと学生の頃と違う受け取り方ができて深いです。

もはやジブリみたいです。

昔はRADWIMPSを聞いていると「厨二病」やと言われていましたが(笑)

「おしゃかしゃま」みたいな楽曲なイメージが強いんでしょうか?

 

セプテンバーさんも好きなんですけど、

「蛍」「指切りげんまん」「ものもらい」「透明人間18号」が好きで

この曲達をワンセットでずっと聞いていましたね。懐かしい。

RADの中でもこういう爽やかめな曲が好みかも。

「me me she」「オーダーメイド」「ふたりごと」「05410-ん」「25コ目の染色体」

・・・って上げ始めたらきりないですね。辞めます。(笑)

とにかくこういう有名な曲ももちろん素敵なんですけど

アルバムに隠された曲達もとても素敵なので共感してくれる方がいたら嬉しいです(*'ω'*)

 

 

最近はMrs. GREEN APPLEやヨルシカばっかり聞いてますが、

9月くらいはRADWIMPSを聞き続けようかなと思います(*´ω`)

 

 

今週のお題「読書感想文」

かほ