【オーストラリアワーホリ】日韓夫婦 豆柴便り

徒然なるままに 豆柴系韓国人夫 と 日本人嫁 のマイニチ

オーストラリアワーホリ】日韓夫婦 豆柴便り

徒然なるままに 豆柴系韓国人夫 と 日本人嫁 のマイニチ

結婚前の喧嘩が増える時期でしょうか?

f:id:jandk1027:20190318095951j:plain

 

こんばんは! 豆柴日韓カップル かほです!

 

 

ここ最近、彼との喧嘩がものすごく多い。  結婚前にこんなに喧嘩ばかりしていて大丈夫かな?と自分でも心配になるくらい些細なことですごく大きな喧嘩になる。  インターネットで「結婚前 喧嘩」なんて調べまくっちゃうくらいやばい。  「マリッジブルー」って出てくるけど、それは違う気もするけどそうなんかなぁとも思う。  「別れ」って出てくるのは、これはまじでやばいと思ってる。  結婚前ってやっぱりみんなこうなるものなんかなぁ。 

 

 

 

 

 

で、その時に言葉じゃ語り切れなくて、ひとりになってからメールした内容が本当に自分の思っているその通りだと思って自分ですごく納得した。  この記事を書いて何か伝えたいことがあったわけじゃないけど、私の中ですごくしっくりくる本音だったから原文そのまま載せておこう。

注)韓国語に翻訳して自然に出てくるように文語文の日本語を使ってるから普段の私の話し方とは全く違います。

 

 

ちなみに、今は無事ちゃんと仲直りして今は4日間くらい喧嘩せずにへらへら生活してますぅ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

豆柴くんへ

 

最近すごく喧嘩が多いよね。 それも将来のこととか価値観の問題で。 結婚前は喧嘩が増えるって皆言うし、私達だけが特別な訳ではなくて結婚前のカップルの通過儀礼なんだと思う。

 

 

私は貴方と別れようと思わないよ。 確かに私には貴方の為に犠牲にしてきたことや諦めたことはいくつもある。 貴方と付き合っていなければきっと今、私は日本にはいないと思う。 オーストラリアにまだいるか、違う国に行ってもっと可能性を広げていたと思う。 でもね、それは貴方も同じだと思う。 貴方にもあの当時夢があったけど、それでも私と日本に来る事を選んでくれたよね。 それはすごく感謝しているし、だからこそ私はこの先どこへでも貴方を支える為に着いていこうと覚悟しているよ。 韓国へもオーストラリアへもどこにでも一緒に行けるよ。 私は今までの自分自身の人生の選択全てに責任を持っていて、後悔は一度もしていないよ。

 

 

そうやって今日まで過ごしてきたからこそ、しっかり話し合う必要があると思う。 私には私の目標や将来ビジョンがあるよ。 でも私は、「デザイナーの会社がしたい」という目標以外の貴方の計画を知らない。 何歳までに何をしたいの? 50歳になった時、60歳になった時、どんな自分になっていたいの? 貴方と私の将来を一緒に考えたいのに、ただ漠然とした理想だけが見えて何も具体化していない。


今はまだただのカップルだからそれでいいかもしれないけど、この先本物の夫婦になって、子供が生まれてからはどうすればいいの? その時考えればいいと思うかもしれないけど、一度してしまったことは巻戻せない。 子供が生まれてから、子供がいると出来ない何かを挑戦したくなったらどうしたらいいの? 「かほちゃんは子供が欲しくないの?」って聞いたね。 そのこともすごく考えた。 私も分かってる。 三年後に世界一周して、将来はホステルを経営して、カフェを作って…どこまでも自分の人生、自分の理想を追求した未来設計だなって。 いつ子供産むんかなって自分でも思う。 貴方はまだ子供が生まれたあとの生活を想像できないかもしれない。 でも私は何人もの友達が妊娠出産育児をしているのを目の前で見てきて、他人事に思えないんだよ。 言い方は少し悪いけど、子供は時々私の人生の重荷にもなる。 私はそうやって自分の存在を負い目に感じて、子供時代を過ごしてきた。 母は一度も口には出してこなかったけれど、私の存在のせいで母は自由を奪われてきたのを肌で感じてきた。 子供はすごく欲しい。 可愛いと思うし、大好き。 いつか大好きな貴方の子供が欲しい。 でも今の私には、その重荷を、人の人生を背負う準備が出来ていないよ。 まだまだ叶えたい夢や目標がたくさんあるからだよ。 そんな状態で私が今子供を授かったらどう感じてしまうか自分でも分からなくて怖い。 私の周りの友人は、私のことを見て羨ましいという。 私も、私の生き方や人生が大好き。 自分には出来なかったことを数えて人を羨むのは、私のスタンスではないの。

 

 

 

もちろん、貴方から見ると無謀なことはたくさんあると思う。 「ちゃんと考えてよ、無理だよ。」って言いたくなる気持ちも分かる。 でも、「無謀=不可能」? 「無謀=無理」なこと? 昨日も伝えたけれど、私は無謀なことを無理と決めつけずどうすれば可能になるのか?を貴方と考えていきたいよ。 ヨーロッパに行くのは不可能なこと? フリーランスに生きていくことはできない? ホステルを経営することは無理で、可愛い家を建てるのは論外? 30歳になって子供を生むのは、いけないこと? 結婚するということは、子供を産まなければならない? 家族を第一に考えるということは、保守的に平静に安定に、普通に暮らしていくことなの? だったら、私は今からでも普通の日本人でお金持ちの男性を選ぶべきではないの? 会社に収まって定時の安定した生活をするべきではないの? 旅をすることをすべて辞めて、家で節約する方法だけを考えて夜にスーパーに行くべきじゃないの? 子供たちが大人になったら…ってそのことを考えて今は自分の夢を諦めたらいい? それが保守的かつ安定な生き方? そうじゃないでしょ? 私はそうは思わない。 結婚しても保守ではなく攻めの姿勢でいたいよ。

 

 

 

韓国人と日本人が結婚することも、周りには無謀に見えているよ。 こんなに日に日に国際関係も悪くなっていて、私達が良くても子供達は将来どうなるか分からないのに。 これから両政府がどういう対策を取るかで自分達にもろに影響があるかもしれない。 母にもあんなに反対されていたのに、今は一緒に住んでいる。 無謀そうなことを少しづつ実現しようとしてるでしょう。

 

22歳で仕事を辞めてオーストラリアに行くなんて、無謀なことじゃない? そのまま仕事を続けていたら、私は今頃今よりももっといい給料をもらっていたよ。 就職活動を頑張ったんだから安定してそこに居続けた方がよかったんじゃない? オーストラリアに行っても仕事が見つかるかもわからない、環境が合うかもわからない、日本に帰って来て再就職先があるかもわからないのに。 それでもオーストラリアに適応して仕事も充実してお金もたくさん貯めることが出来て、いい彼氏を見付けて、帰国後も希望通りの仕事を見付けられた。 無謀そうに見えてここまで順調に来れた。

 

日本語も話せなかった韓国人が日本で暮らすなんて無謀じゃないの? オーストラリアでいろんな人に日本語を教えてもらって、ビザも無事取得出来て、今貴方はいろんな人から助けてもらいながらそれが出来ているんじゃないの?

 

たった3ヶ月だとしてもそれぞれの母国で遠距離恋愛もしたじゃない。 もしかしたらそこで別れてたかもしれないのに。 よく知らない外国人と出会ってたった1日で付き合うのは普通? そうだとしたら私達が一緒に過ごしたこの1年半の全てが無謀だよ。

 

 

 


無謀なことは、無理なことじゃない。 安定なことは、幸せとは限らない。

 

世界一周も行ける。 フリーランスでも稼げる。 貴方もデザイナーの会社も作れるし 27歳でも子供は産める。 日本人と韓国人でも幸せな家族は作れる。 貴方となら、無謀なことも実現できる。


それを分かっていてほしい。 将来のこと、ちゃんと話そう。 二人で将来年表を作って、死ぬまでにやりたい100のリストを作って、お互いのことをちゃんと理解して楽しく努力して死ぬまで一緒に生きていこう。 まだまだやりたいこと、やってないことはたくさんあるよ。 全部やるまで私は死ねないし、貴方も死なせないよ。(笑)

 


4月、それを話し合ってから婚姻届を一緒に書こうね。

 

f:id:jandk1027:20190318103004j:plain

 

 

 

 

かほ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 追記 ※

子供のことについて書いた部分で、もしも読んでくれた人に嫌な思いをさせてしまったらごめんなさい。 「子供は時々私の人生の重荷」は全員にとってそうではないことは分かっています。 ただ、私の育ってきた環境の中で自分という存在がそうだったんじゃないかとずっと思っていたから。 子供がいる人にとっては親目線で見て「そんなことはない」と言うと思う。 自分が子供側の今はまだ理解の出来ない部分だと思う。 子供を実際に授かると考え方が変わるのかなと。 変わればいいなと思ってます。

 

 

ただ、今こんな状況で子供を授かってしまったら、私は「嬉しい」よりも「どうしよう。」という感情を第一に感じてしまいそう。 まだあれもしていない、これもしていない。 これもやりたいのに…生活も安定していないし、ってネガティブな感情ばっかりがわいてきそう。 子供を授かったことに対して100%喜びで迎えてあげられないことは生まれてくる子供に対しても、失礼なことだと思う。 皆が100%幸せになれる時に子供が埋めたら幸せだなと。 だから、今の私にはまだその準備が出来ていないよと。 あと私自身が今まで好きなことをして生きてきたから自分の子供達にもお金に苦労させず自由に生きさせてあげたいからやっぱり金銭的にも精神的にも落ち着いてからがいいなと思う。 それがいつやねんって話やけど、それまでは2人で楽しく生きていけるといいな。